FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡蠣食えば 精力増強 するのかな?

 と言う訳でさっそく食わず嫌いを克服する挑戦が始まりました。
サイトでいろいろな牡蠣の調理方法を見た所フライにしたり
炒め物にするのが食べやすいとの事ですが私の場合
過去の経験から牡蠣フライはNGです。

 うまみを逃がさず、味わい深くなるとの記述ですがそれは味覚の相性が
合っている人の話であって栄養価の高さは買うけど正直あの味は好きになれないという
人に対してはそのうまみや味わい深さが仇となる事もあるのです。

 なのであの磯臭さと言うのでしょうか?
あれをとにかく出来るだけ除去する事が本題となります。

 使う牡蠣は近くのスーパーで購入した国産品
韓国産の方が数は多いし値段もそこそこなのですが
品質が怪しい上にそんなに数は食べられないと思うので国産品の方をチョイスしました。

 あとおつとめ品(賞味期限が迫って居たり売れ残りのためか格安になっている品物)に
あった150mlの缶ビールも購入、出来るだけ塩水で洗い、茹でた後で
これに浸して出来るだけ臭みを誤魔化す作戦です。

 アルコール分が高い方が効果的ならワインや日本酒、焼酎とかでも試したいのですが
出来るだけ低予算でというのも課題の1つなのでここは格安ビールで挑戦。

 90秒ほど熱を通すように梱包袋に書かれていたのでとりあえず2,3分程茹でてから
冷水で冷ました後、ビール漬けにして放置します。

 そして口に運びます、結果は牡蠣フライの時よりずっと食べやすくなりました。
磯臭さは完全に抜けてはいませんでしたがなんとか吐かずに完食。

 唯一の誤算は1パック6個入りと言う点、さすがに全部食べるとなると
少しばかりきつかったですが3,4個位なら難なく食す事が可能と分かり一安心。

 精力が減退しているかなと感じた時だけ2個ほど供給可能な保存食に
しておくのが理想的です、レシピによるとオリーブオイルに漬けたり
ガーリックと一緒に炒め物にしたりといろいろあります。

 個人的には香辛料や味噌などを合わせるともっと食べやすくなるのではと
考案中、苦手な食べ物をいかに克服するか?
これはよくよく考えたら自分自身の課題であって他人に口に合う物を作れなんて
任せっきりにする事が間違いでしたね。

 「食べる相手によっては不味く作るのも料理の内」かどうかは分かりませんが
なんにせよ曲がりなりにも私も牡蠣を食べられるようなりました、めでたしめでたし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログに訪問コメントありがとうございました。
私の知人友人で苦手な食べ物に挑戦する人がいないので興味を持ちました。
そして食べられる調理方法まで見つけているのに驚きました。
凄いですね。
私の知人には椎茸NG、鳥皮NG、豚油NG、葱NG、パセリ、ピクルス・・・とNG食のある人が何人か居ますが、誰一人として克服しようとしている人がいません^^;
「克服しないのか?」
と聞けば「昔は~~」という話が聞けるだけで最後は決まって「~~食べられなくても困らないしw」で結びます。

基本的にこういうのは挫折するのが常のようです。
そう思ってたのですが、曲がりなりにも食べられるようになったのは本当に凄いと思います。

No title

 コメントありがとうございます
勝手に貴方のブログの内容を引き合いに使ってしまい恐縮です。

 自分の「味覚」に合うよう調整すればいいだけだから
工夫をすれば食べられない事も無いかな?
と思い当ったのが動機の1つ。

 栄養価の高さと値段の安さから是非とも今後の生活の味方に
したいと思ったのが2つ目の動機です。

 さすがにゆで卵など「食感」が駄目という点はどうにもできません。
私の拙い挑戦の記事を拝読してくださってありがとうございます。


No title

牡蠣の薫製のオリーブオイル漬け(缶詰)は食べた事ありますか?
生とはかなり食感が違うから行けるかも。
僕はピザに乗っけて食うのが好きです。

No title

 コメントありがとうございます
牡蠣の缶詰は食べた事ありませんが
機会を見て購入してみますね
おいしくて安上がりで済むなら大量に燻製にして
オリーブオイルに付けて保存食にしようかと
思っています。

No title

あと韓国料理で牡蠣の入ったキムチがありますよね。
あれはどうですかね?
生牡蠣の食感が結構残ってるような気もするからダメか。

No title

 コメントありがとうございます
苦手の原因は磯臭さであって食感の方は大丈夫です
キムチとの食べ合わせも出来れば検討してみますね。
プロフィール

まながつお

Author:まながつお
ついに30代の後半に突入!
目先の損得に翻弄されながら
つまづいて転んでも
ただでは起きない
生き方を目指す。

大阪府某所の
くだらない記録です。

↓ 参加しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。