FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い切り落ち込んだ後に少しばかり救われた日

 昨年の年末にお世話になった配達所で約2カ月位前から就いている
企業向けの配達業務もお中元の時期が過ぎるまであと少しとなりました。

 先輩曰く、例年より流通している荷物の量がなんとたった5分の1程との事
社長も少しばかり焦っているようだとの事でこりゃピーク過ぎるのを待たずに
私もお役御免かな?と時々思ったりするわけです。

 しかし今日は猛暑で少々頭が参っていたと言うのもあるのですが
少々つまらない失敗をしました、先日紛失した配達票の再発行の受領のため
ある鉄工所を訪れた際に車両を良からぬ場所
 (鉄工所は受取口が作業場の奥に有る事が多く、原材料の搬入や品物の搬出のため
しょっちゅう大型トラックが出入りするため配達用の車を乗り入れての配達が困難な為
出入り口から離れた所から荷物を持って入る事になるのですがこれが場所によっては
受取口がとても遠いなど非常に面倒な時があるのです、特に重たい物を多く持っていく際は嫌になります)
 に停車したため雷の落ちる事態になりました、元々はこちらに非があるのですが
隣の駐車場から台車で持って来い!それとお前の名を覚えておくぞ!と不躾に怒鳴られたのでは
さすがにカチンと来る前にズドンと凹みました。

 さすがに午前中はなにもやる気が起きずぐったり状態で
昼間に家に戻ってきた矢先に立ちくらみを覚えて倒れ、気が付いたら夕方でした。

 急いで配達所に向かい受け持つはずだった西濃運輸の荷物を少々他人に請け負ってもらい
再び入荷された荷物の配達の際にある電気工事会社に立ち寄った時に目に留まった
カレンダーに「失敗を知らないと人生自体が失敗に終わる」 と書いてあり
その後、届け先の家が留守な為再配達かなと思った矢先に受取人がひょっこり戻って来たり
暑い中ごくろうさま と冷えた缶コーヒーを渡してくれたりという事もありました。

 すこしばかり救われたかなと思いながら受け取る
この缶コーヒーは少々特別な褒賞品になりました。
 
追伸:過去の配達経験からコツを1つだけ、配達先は時間指定や本日中配達厳守などの物を除いて
    配達しやすい所(配達の車を停めやすい、受取人が常に居るため
               受け取ってくれやすい)の荷物と
    配達しにくい所
(配達の車を停める場所が無かったり、そこへ向かうのが遠い
               いつ受け取ってくれるか不明)の
    荷物の2つに配達票を分類することをお勧めします。

  そして出来るだけ配達困難な方は出来るだけ早く処理(電話で居住確認してすぐに配達
もしくは不在票を早いタイミングで送付して受取連絡を待つ)
 した方がいいです、配達しにくい類の荷物を持ち戻る事になると後日の配達の際に
面倒なハンデとなります。

  
    
スポンサーサイト
プロフィール

まながつお

Author:まながつお
ついに30代の後半に突入!
目先の損得に翻弄されながら
つまづいて転んでも
ただでは起きない
生き方を目指す。

大阪府某所の
くだらない記録です。

↓ 参加しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。