FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せ日給1万円! お歳暮宅配の現場 前置き

 「期間は即日から年末まで、人を撥ねる以外なら車はどのようになっても構わない」
11月の中頃、面接を受けた時に配達所の社長から言われた一言がこれ。

 印刷工場での勤務をドロップアウトして年末までどうしようか?
このままダラつくのは嫌だぞと思いながら求人サイトを見ていて見つけたのが
年末恒例のお歳暮の配達業務の求人でした。
年末になるとよく聞く一種の小遣い稼ぎのようなもので
これでひと稼ぎしてみるかと早速面接をお願いした結果前述のとおりです。。

 数日後に採用の返事が来て早速数日間研修の意味合いで先輩運転手の横乗りの後
これまた数日後に1人で早速松原市の某所へと軽4の配送車を駆り出して向かう事になります。
 
 朝の8時過ぎに来て割り当てられた担当区域の伝票を確認して枚数の確認の後
専用の端末機で持ち出し処理を行い地図を見ながら目的の配達場所を赤鉛筆(業務用の
物で布巾を使って書いたり消したりするのが可能な奴)でマーキングして
道順組み立て(以降道組と言います)、そして道組順に並べた伝票を元に搬入された品物
荷物を各自担当の配達車両に積み込んで出発、宛先の受取人が居れば品物を渡して
伝票にハンコかサインをもらい、居なければ不在票(何月何日の何時何分に誰から誰宛の
品物をここに配達しに来たという証明するメモ用紙のような物)を宛先のポストに投函して
次の配達先へ向かい、割り当てられた担当区域を一回りして一旦配達所に帰還します。

 そして昼からまた午後に搬入された自分の担当区域の品物を積み直して再度出発、
初回の出発時と同じように配達を再開、不在票を見た人が連絡を配達所に入れて来ると
それを元に受取人の要望に従い再度宛先を訪問しての再配達(以降再配と言います)となります。

 こんな感じで自分の預かり受けた品物を全部配達し終えるか指定業務時間20時を
超えても受取人が不在か又は受取人の依頼で後日に持ち越しの場合
配達所に持って帰って保管(以降持ち戻りと言います)する事になります。

 そして持ち戻り処理の後で配達済みの完了伝票を集計して各自がそれぞれ
1日の配達完了数の出来高を申告しての日の業務は終了
これが出来高制の配達業務の基本的な流れとなります。

 ちなみに日額保障(1日を通して品物を1個配達しようが100個配達しようが
最低賃金として支払われる日当のような物)は5千円でした。
詳細はこれから後に書きますが一つの品物を配達しておよそ100円の報酬です
なので50個配達する事が最低限のノルマと自分で感じました。

 とりあえず多少のサービス残業ぐらいならやってやるさと意気込んだものの
これがとんだ思い上がりだと思い知るのはこれまた後の話になります。
スポンサーサイト
プロフィール

まながつお

Author:まながつお
ついに30代の後半に突入!
目先の損得に翻弄されながら
つまづいて転んでも
ただでは起きない
生き方を目指す。

大阪府某所の
くだらない記録です。

↓ 参加しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。