FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始の予定を検討中

 年末年始は検針業務が無いので
運輸業務の委託で配送業務でもしようかと検討中です。
掛け持ちは長続きしそうにないので
年末年始や暑中など繁忙期だけやってみようか検討中です。

 しかし自家用車の持ち込み配送は運輸局へ届け出て車両登録を
受けないといけないそうです。
 それならおせちの盛り付けや年賀状の仕分けでもしようかなと考え中。

 夜更かしせずに風呂から出るとすぐに就寝しているのに
朝はなぜか寝起きが悪いため原因を調べたところ
どうも冷え性のようです、思い返せばいつもより
手足が妙に冷たく、布団から出るに出られない事がよくありました。
体が冷えると寝つきが悪くなり
疲れが取れないまま明日の朝を迎える事になります。
スポンサーサイト

初任給出ました

 35000円程ですが10月の給料です。
と言っても市民税と自己投資(業務用の道具の購入費)にほとんど消えました。
来月は車両12カ月点検と国民年金で消える予定です。

 水量メーターにはジグソーパズルのように蓋がバラバラに壊れている物や
完全に土に埋没していて掘り返す必要のある物などもあります
とりあえず3日掛かりの作業を2日で終えたため
昨日は家で海外ドラマなどを見て過ごしました。

 住居用と集合住宅ではトラブルが起きた際の対処方法が違うため
異常区分で用いる投函用のメモ用紙も異なります。
それを間違えてしまうなどまだまだ失敗無しでこの業務は
こなせそうにありません、しかし年末年始だけは
別の業務を検討中です。

しばらくは秋雨続きの日常

 先日検針作業員のIDカードが作成されたため
ようやっと単独での業務に切り替わりました。

 委託業務なので一日のノルマ件数を処理出来れば出勤時間は
うるさくないので勤務時間に余裕が出来れば自家用車を動かしての宅配業務など
掛け持ち勤務もありかなと思っていたのですが運輸局に運送業務車両の届け出をしたりと
面倒な事が多いと判断したので掛け持ち予定先の運輸会社に「今の業務に専念するため
今年いっぱいは止めておきます」と面接を辞退したばかりだったのですが
今日は掛け持ち所じゃない事態になりました。

 たまにあることなのですが水量メーターからありえない使用水量が算出される時が
あります、例で言えば9999リットルの水が2カ月の間に使われていたとか
こういうレベルになると現在の水道料金に換算して約700万円程だそうです。

 なのでこういう事態になるとデータ処理の間違いとかメーターの故障とか原因を
調査する必要があるため一旦検針は未検(保留)扱いとなります。

 しかし私はこのメーターが無届(水道メーターの管理者不在の状態)だったため
そのまま届出をする処理をしてしまい、どこかの海原雄山風にわかりやすく言ってしまうと
この水道メーターの持ち主は誰だ!?出てきて今現在の水道料金を払え!
と言う感じで管理登録者(水道使用者)に700万円相当の請求書を出した形になるわけです。

 まだこの業務を始めて一か月半程と言う事もあって
経験不足な所もあったため今回はそれほどうるさくは言われませんでしたが
下手をするとちょっとした不祥事としてニュースになるか
上の方たちが請求先へ平謝りをしに行く羽目になる事態だと
先輩に言われて冷や汗物でした。

 収入面で不安があると言うと嘘では無いので土日にスポット(1日だけの単発業務)派遣
など無理をしない範囲で掛け持ちを検討していたのですが
当分は掛け持ちの事は考えないようにします。

初の日給3000円

 特に目出度い事でもないのですが
メーター検査の際に手を焼く類の件数が今日は多かったため
少々時間のかかる作業となりました。

 居住者は一応メーターの点検をしやすいように配慮する義務があります。
例えば水道メーターの上に故意に物を置いたり意図的に隠すような真似は
許されないと言う事が水道法でもあります。

  しかしいざ現場に出ると水道メーターの上に植木鉢がある
立ち入れない場所にメーターがある
工場などになると重さ20キロ近い鉄板が蓋の代わりにあるなど
ちょっとした肉体労働も珍しくありません。

 点検ってメーターを見てハンドターミナルという機器に入力するだけと思いきや
メーターが土砂に埋没した状態であるため、土をかき出すなど
土木作業員のような事も多々あります。
メーター自体を探すために土木作業用のツルハシを持つ事もたまにはあるとか。

 居住者が不在の場合も多かったりいつものように順序通りに検針をしない
変則ルートで検針を行うなど、いつもよりくたびれました。

 まぁこれでもまだ緩い方だよと言われたため、きついのになると
どうなるんだろうという事になります、地味に辛いのは
水道メーターと検針票を入れる郵便ポストがかなり離れている場合です。

 近いときはもうセットのような感じでポストのすぐ下に水道メーターがある場合もあれば
メーターは家の裏手、ポストは家の表と10~20メートル位離れて居る時もあります。
これがまた一軒二軒とかではないのです。

 新築物件だともう水道メーターは非常にわかりやすい所にありますが
昭和の時代から改築を続けて来たとかいうのになると
玄関扉の中に水道メーターがあるというのもあります。

 あと車の下にメーターがあり、車の移動は土、日曜日だけという
日時指定を受けている所やポストは事務所、メーターがあるのは倉庫で
離れて居るため検針票を投函出来ないケース、大型の犬が居てメーターの
ある敷地に入るに入れないなど単純にはいかない事例も多々あります。

歩合制なので一つのメーターの確認に1分掛ろうが10分掛ろうが
貰える額は同じなのです。

 IDカードが発行されるのはもう少し先になるそうですが
果たして1人で現場に出られるかどうか少々不安ですね。
プロフィール

まながつお

Author:まながつお
ついに30代の後半に突入!
目先の損得に翻弄されながら
つまづいて転んでも
ただでは起きない
生き方を目指す。

大阪府某所の
くだらない記録です。

↓ 参加しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。