スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近の事を振り返って

 昨年、父親の急逝から約一年、法事の日に今度は祖母が亡くなりました。
昨年の経験があるとはいえお通夜にお葬式と目まぐるしく過ぎる2日間でした。

 さすがに筋肉痛だのお葬式だとの理由を付けては土日を挟んだとは言え4日も現場に出ていないと
顔を出し辛い気持ちになってしまい思い切って作業登録書(雇用契約書のようなもの)の提出に
伴って依願退職しました。

 たったの2日間の土木作業でしたが職業体験の意味では濃密な内容だったと思います。
傍目から見れば只の体力と腕力で動いているように見えても実際やってみると
想像以上に体力を要したり繊細な作業があったりこの業界特有の「掟」のようなものが
垣間見えた所もありました。

 ある麻雀漫画の一節に「炎天下で働くお百姓さんの汗は間違い無く塩辛い」という所があります。
流す汗の塩辛さがどれだけ濃い時間を過ごしたかの一種の基準だと言うなら
家で自主トレを行って流す汗はそれほど塩辛くないのに
現場で息を上げながら流す汗を舐めると間違いなく塩辛かったです。
「あぁこういう汗を久しぶりに流したな」と言う気持ちでした。

 少々名残惜しい気もしますがやっぱり30代も過ぎるとあちらこちらと飛び回るような真似も
止めるべきかも知れません、それと同時にもう少し明確な目標を持たないと
自分が何をしているか分からなり、何も出来なくなります。
 

 
スポンサーサイト

2日でリタイヤ?土木作業との格闘  2日目

 初日から波乱含みの土木作業の2日目、屋外での作業の為
豪雨など悪天候に見舞われるとその日は見合わせとなる事もあります。

 台風が来ていたため夜から朝方の間に大雨が降りました。
今日は無理だろうと事務所へ朝から確認の電話を入れたら
作業を行うとの事、夜の間はあんなに降っていたのに
近畿地方は朝にはもう天候は回復していました。

 土堀の前に前日の夜に降り続いた水たまりの処理がありました。
スポンジや手箕を用いてバケツに水を回収し
それを電動ポンプで溜池のような場所にくみ出す作業です。
雨が降ると余計な作業が増える為か作業員の方達も
溜息交じりでの作業でした。

 2日目も作業内容はそれほど変わりません、初日と違うのは
最初からシャベルや泥をかき集める鍬のような器具を用いて
掘った土をひたすらベルコンに運んでもらう作業でした。

 しかしベテランの人はシャベルの使い方ひとつ取っても
良い動きをします、体全体を動かして最小限の力で効率良く
土を掬ったり剥したりするため跡地がきれいになります。

 道路工事と違い遺跡発掘は地層の都合で掘る深さを微妙に
調節する事が求められます、だから力任せに掘ればいいと
言う物では無いのです。

 私と言えば跡地がぐちゃぐちゃ、適当な感覚で掘り返すんだから
まぁそうなりますね、ベテランの方にも素人呼ばわりされました。

 勤務も上がりが近づいてきた頃に前に就いていた職業を訊かれて
警備員ですと言いました、そして収入を訊かれると最低賃金スレスレです
警備員も価格競争で昔と比べて賃金が安くなりました。
と言うと「そりゃ結婚は無理だな」と言われました。

 結婚に興味はありませんがそれを言われると少々凹んだ気分になります。
軍手を一対しか持参していなかったため先輩の作業員から新しいのを頂きました。
コンビニエンスストアで一対購入する代金でホームセンターやワークショップに行くと
10対組のセットが購入できるそうです、それ以来コンビニで軍手は買いません。

 土木作業は軍手がすぐに汚れるので最低でも2,3対は持っていく方がいいです。
先輩には新しいのを購入してお返しします、感謝感謝。

 でも3日目に体中が激しい筋肉痛に見舞われてしまい歩くのがやっとの状態だったため
やむを得ず欠勤の電話を入れました、これを機にもう土木から足を洗おうかと思いました。

 体中が泥だらけになる為、帰宅した際に身内からうるさく言われるわ
移動車内での煙草の煙は酷いわ、何より嫌になったのはベテラン作業員たちの
変な縄張り意識です、移動する際に用いる車中の座席から休憩に用いる
簡易施設での座席もきちんと決められているみたいです。

恐らくですが個々の所持品や持参物の盗難やイタズラなど
トラブル対策と思いますが詳細は不明です。


 集合時に自分が初日に乗車したナンバープレートの車が見当たらなかった時に
別の車に乗り込もうとしたら「お前はどこのナンバーの人間だ?」と訊かれました。
恐らくこの車の運転を仕切っているベテラン作業員の方でしょう。

 傍に会社の作業服を着た人(多分この会社の社員)も居たので
座席の割り振りは決まっているのですか?と訊いたところそれは無いと言われました。

 ナンバーは覚えていませんでしたが他に乗れそうな車が見当たらないので
空いていたら乗りますと言うと途端に激高して「お前が来るのが遅いから
乗る車が出てしまったんじゃないか!?」と言われる始末
まぁ集合直前に来たとは言え少々来るのが遅かったのは私の失敗とは
言えここまで怒鳴られるような悪い事を私は働いたのか?と思いました。

 郷に入らばとは言え中途半端な意欲ででみだりに身の置き場所を替えると
ろくな目に合いません、ちなみに初日の日給は作業用のズボンと長靴の購入に消えました
多分もう現場では使いません、理由はもう来週には辞職するつもりだからです。

2日でリタイヤ?土木作業との格闘  1日目

 昨日、一昨日と土木作業で北大阪方面の或る遺跡発掘の作業をしてきました。
時々NHK放送の歴史物で奈良の遺跡調査で土を削る作業を見る事はありますが
地層と言うものがあって化石が出てくる地層を削る作業はよく見ますが
その地層まで掘るのがとにかく難儀です、そして最近までの作業だったようです。

 作業時間は明朝6時半までに集合それから数台のワゴン車に数人が分乗して
事務所から移動、高速道路で15分から20分程すっ飛ばして
約一時間位で現場に到着します、それから大体4回ほど
小休止と昼休憩を入れて夕方16時過ぎまで作業して
帰りも同じ高速道路で帰還、17時過ぎ頃に解散です。
日給は一日6500円で保険の類は一切無しのパート労働です。

 最初は使用済みの土嚢や現場を覆うビニールシートの片付けでした。
土嚢は一袋大体10kgでそれを100袋ほど移動させました。
それからシャベルや手箕(てみ)を用いて水処理用のあぜ道に積もった
汚泥の処理作業でした。

 他の人たちはベルトコンベアで掘った土を上へと運び上げていましたが
自分たちはそこから離れた所だったため、手作業で汚泥の上げ下ろしを
行います。(掘る場所が変わるとそれに応じてベルトコンベアも位置の調整を
行います、がこれがまた大変、大人が10人以上で一台7、8メートルの
ベルコンをあちこちへと移動させたり角度や重なり方を変えたりします、それを
複数台、一日に何度も行います)
 
 最初の内は何とかなりましたが直ぐに腰と背中が痛みを訴えました。
しかも小雨が度々降る為、土が水を含んで重くなります。
乾いている内はまだいいのですが水を含んで汚泥となると
格段に重くなる上、てみ(土を上げ下ろしする容器)にべとついてしまい、なかなか
取れなくなります。

 こういう作業を想定して日ごろから少しばかり運動もしてきましたが
予想をずっと上回る作業に体中(腕、肩、背中、腰、膝)の筋肉が悲鳴を上げました。
腕や足はともかく背中や腰回りなどはろくに鍛えてないのです。
家に帰って風呂に入っても体を曲げられない状態のまま勤務初日は終わりました。
 

近況は変わらず

 急激に寒くなってきたためか風邪をひきそうになりました。
この間までは薄手の布団で丁度だったのに今日になって
夜も眠れません。

 とある空手教室(と言ってもどこぞの団地の集会所)の
見学2回目です、と聞こえはいいですが間近で見る事自体、緊張するので
双眼鏡片手に遠方からこっそり観察(これじゃ見学じゃ無くて見物な上
どこから見てもアヤシイ人だな)しました。

 今日集まっている人たちは大体10名ほど、あまり団体様(50名~100名)だと
宗教臭くてなんだか感じが異様なのでこういうのは好都合です。
しかし幼年期の子たちばかり、30代の人など一人もいません

 いや、居たとしてももうその人は黒帯を締めた指導者の方でした。
三十路にもなるともう教わるのではなく教える側の立場に立たないと
肩身が狭いのですね、もうしばらくこの教室の見物は続きます。

秋に向けて

 今月初め頃に購入したケトルベルや最近取り入れた拳立て伏せなどでひたすら腕力と
手首の筋力維持に努めています、当面の目標は現在68kgの体重を65kg以下に減らすこと。
 そのうち3点倒立やドラゴンフラッグなど少々マニアックな鍛錬にも挑戦するつもり。 

 アルバイトの就職であるガスや医療用酸素ボンベの運送業の面接が午前でした。
夕方まだ在籍中の警備会社社長から梅田ビルの工事の立哨業務を
打診されましたが次の職場は地元の市内と決めているので丁重に辞退しました。

 体を動かす習い事でも挑戦しようと最寄の空手道場の見学を検討しましたが
サイトで確認したところ、フルコンタクト(目突き、金的攻撃いわゆるなんでもあり)
の所な上、若いマッチョ体質の人や20代前後の若年層の巣窟らしく、ここは場違いだと見送りました。

 柔軟体操の意味を込めて型の練習だけを中心に行っている所がいいので
少林寺拳法も探しましたが自宅近くに道場が無いので断念
ヨガは女性の溜まり場だから正直言って行きたくないです。

 私は武芸者と言う柄でもないので何かに対して戦うと言うよりむしろ
生き延びると言うサバイバル要素を取り入れた事を踏まえて
忍者の研究でもしてみようかなと考え中です。

めげずに行こう

 先日、面接を受けた印刷工場の年末までの短期労働は
残念ながら不採用の通知が来ました。

 年末に向けて大量採用と銘打ってただけに余程の失敗を犯さない限り受かるだろうと
思って居ましたが予想外の事態に何がいけなかったのかな?と思わざるを得ません。

 実は私の他に3名ほど他人が居て集団面接でした
私の他の人は昨年もここに来ていたらしく、面接の人とも
打ち解けた感じで対話していました、その時に
もう少しあれこれと質問をするべきだったのかな?と思いました。

 もう一つ思い当たりがあるとすれば履歴書の志望動機です
まさか短期労働で「この工場の熱意に惹かれました」なんて
歯に衣を着せたようなおべっかは言いたくないので
素直に「時給がいいので応募しました」と書いたのです。

 それがいけなかったのかな?
相手からすりゃ三十路も後半に入るいい歳した男性が
どこの学生気分で来たんだ?とでも思ったのでしょうか?

どちらにせよ次の機会に向けてもう一度出直しです。

暑いけど涼しい日々

 年末までのある印刷工場での面接を終えて帰宅
しばらくは1週間100円でレンタル可能なDVDの昔の映画を満喫しよう。

 連続殺人鬼のホラーに始まり少林寺拳法物やタイを舞台にした格闘系アクションや
サスペンス物など10本ほどとっかえひっかえしながら鑑賞
昔は欧米人の活躍するアクション物をしょっちゅう見てましたが
最近になってアジアを舞台にした東洋人の活躍が面白く思えてきました
あぁやばいまた徹夜生活になってしまう。

 この数日はボクシングの八重樫選手やテニスの錦織選手の活躍の話題などで
どこのTV放送局も持ちきりでしたね、今年もあと3分の1かと思うと
改めて時が過ぎるのは早いねと思います。

気の重い面談

 前日申し渡されていた時刻に本社で面談を受けました。
社長と主任の2人でこれからの事について対話を行いました。

 向こう側としては気を取り直して新しい現場で頑張ってくれることを望んでいましたが
私としては前の現場で失敗を繰り返した事もそうですがこれからの事を見直すと
警備員としてこれからやっていくには不安な部分が有りすぎて
半端な気持ちで現場に出る訳には行かないと返事をしました。
製造業と違いサービス業には現場に新人でベテランで業務に違いはありませんから。

 もう少し様子を見てまた連絡をするという事でお開きになりました。
個人的にはやっぱり折角ありついた業務なだけに残念な気持ちもあります
それ以上に先が見えないと言う不安の方が強いのかも知れません。
警備業、特に交通誘導業務は本当に一寸先は闇の世界だと思い知りました。

9月に入ってから

 3ヶ月前に購入した自転車のタイヤが頻繁にパンクします、呪いでもあるのかな?
 
 これからの事もありますがとりあえずの予定

1、年末に向けて短期の労働をする
2、遅蒔きながら肉体改造の再開

 と言う感じです

勤務当初は下半身がガクガクと震えるくらい疲れましたが
今はそんなことはありません、時々つま先立ちや大股歩きなどを
行うなど積極的に下半身に刺激を与えました。

 しかし下半身ばかり使って上半身は誘導棒を振る以外
殆ど使わないのはなんかアレなのでこの際全身を
もう一度鍛え直してみようかななんて思ったのが
そもそものきっかけです。

 実は先日、鍛錬用の12kgのケトルベルを購入しました。

ケトルベル = ロシアの軍隊が使用していたと言われる鍛錬器具
          鉄製の砲丸に取っ手のような物が付いています

 大体6000円程掛かりましたがこの3ヶ月は勤務中の飲食費以外
散財らしい散財はしていないので思い切った自己投資と割り切りました。
ついでに昨日スポーツセンターでトレーニング用の半袖シャツも購入。
普通のシャツと比べて流石専用、動き易い上に汗でべとつきません。

 もう来年は30代も後半にさしかかります
体が思い通りに動くうちにやりたい事はやっておこうと思いました。
寝たきり生活なんて死ぬまで勘弁ですから
でもブログのネタ切れ生活はしょっちゅうですよ。
 
プロフィール

まながつお

Author:まながつお
ついに30代の後半に突入!
目先の損得に翻弄されながら
つまづいて転んでも
ただでは起きない
生き方を目指す。

大阪府某所の
くだらない記録です。

↓ 参加しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。