スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警備員も楽じゃない その3

 先輩「いちいち敷地から出る車を止めるな!自転車や歩行者が居なければそのまま出せ」
敷地から遊歩道に車を出すには一旦停止の停止線があるため車は一度車を止めないといけません。
出入り口の左右は建造物があるために視界が悪く、おまけに遊歩道は結構学生さんの自転車や
マラソンやジョギングをする中高年がよく通るのです、なので突っ切るなんてもってのほか。
にも関わらず先輩は急に今日になってこんなことを言いだしました。

 今まで何も言わなかったのに今になって急に言うなと言いたくなります。
売り言葉に買い言葉は嫌なので何も言わずに通しましたが。

はい、今日の先輩の一言で朝の立ち上がりからモチベーションがだだ下がり
大回りの車を2度も見逃してしまい終始先輩からは雷雲が漂っていました。

 どんな業務でもそうですが警備員の本当の厳しい所はどんなコンディションでも
ムラ無くその日その日求められている事を淡々とこなすことにあります。

 しかし炎天下のせいか私も先輩も朝からイライラ気味、そのせいか
些細な事でイチャモンを付けられる始末です
只でさえ集中力を切らさないように踏ん張っているのに
人のやる気を無駄に削ぐ真似をしてどうすんの?

 個人的に犯した失敗なら素直に頭を下げて切り替えればいい話
しかし常識の範疇にある馴染んだやり方をいきなり変えろと言われると抵抗があります。
 モチベーションを無駄に下げるような真似ばかりされると正直辞めたくなります。

 まぁ昼の休憩をすこしばかり延長してくれたのは有り難い話ですけど。
スポンサーサイト

モチベーションの持ち方はやっぱり「出会い」かな

 初っ端からいい思い出がある物はそれなりに思い入れがあると言うもの
逆に嫌な思い出があると思い出すのも嫌だととにかく避けるもの

 と断言はしませんが
先輩は入社時に好奇心で競馬を始めたそうです、それがたまたまというか
まぐれというか数万円の大勝をしてしまい現在までちょいと狙い目のレースでもあれば
休日はちょいと競馬場へ行ってくるわと言う感じ
私も成人式の日にパチンコ店に入って1000円でも儲けていたら
今頃パチ中毒にでもなっていたのかなと思うと少々怖いですね。

 思い入れと言う物はなかなか侮れず忘れたつもりでも
なにかのきっかけでまたやってみるかと言う風になります
実は現在スポーツジムにでも通うかなと検討中、詳細はまた後日に書きます。

もう月末なのか

 遅いようで早い月末、先週より少しは涼しいのがせめてもの救いかな
今の現場に地元から来る人はまだいないのかなと先輩に訊いてみると
どうやらまだ本社では目星が付かない模様。

 それなりに待遇はいいので警備員の資格があれば誰でも・・・と言う訳には
行かないみたいです、そこらの零細警備会社では常時人員不足のため
それなりに経験があれば即採用・・・という感じだったのに。

 現場を同年代の若手が複数で回すと世間話とかが弾んで現場の雰囲気が
いい感じになると思うのですがそういうのは実は歓迎されません
余所見が増えてトラブルが起こりやすいせいか
現場は大抵ベテランの中年が最低1人は仕切ってるのがセオリーらしく
もっとぶっちゃけて言えばいわゆる「口うるさい系」の人が
中心で音頭を取るような感じで現場は回っているのです。
そういう人が複数関わると変に現場の空気がおかしくなるのは
気のせいでしょうか?

 仮に来るとしても恐らく9月辺りからかな、こんな1日中日当たり良好な所
望んで来るような物好きが私以外に居るとは考えにくいし。

炎天下の日々

 昨日の事ですが救急車が現場の前を2台ほど通過していきました。
恐らく熱中症の患者を搬送しているものと思います。

かくいう私も

 うぇ、水飲み過ぎた、吐きそう  (小一時間後)⇒ だ、だめだ、干からびそうだ、み、水・・・
と言う感じ

 大げさと思われるでしょうがこれは実話です、それくらい汗が滝のように出ました

 この季節だけは昼勤務では無く夜勤が少々うらやましく思えました。

酒に逃げずに野菜ジュースに逃げる日々

 貴方の熱い真摯な視線が痛くて頑なな私の身も心も溶けて流れていきそうです
貴方はどうしてそんなに熱いのかしら?

思わず詩でも歌いたくなるくらいの猛暑日、いくら水分補給をしても足りません。

 
今日だけで3000ml近くの水分補給をしました。
熱中症は嫌だから飲み過ぎと思ってもやっぱりやめられません。

 今日休憩中に現場の工場の人に良く焼けてるねと言われました。
確かにマサイ族に弟子入り(?)出来るくらい日焼けして
ちょっとした黒人状態なのであぁ人から見たらそんな感じになったのか
お盆までには少しくらい涼しくなってるといいなと思いながら
今日の日誌を書いていました、ここまでは良かったのです、えぇ本当に。

しかしここから猛暑日のハズなのに急遽空気が凍りつくような事態に陥りました
(個人的な心境の温度差の事なので見たくない人は即引き返してください)

続きを読む

警備員も楽じゃない その2

 昨日のことになりますが
下番前にまた先輩から雷が落ちました

 理由は大型車が入庫する際に2車線とも止めなかったから
1車線の車は流れが緩く誘導棒を振ると大抵は減速、停止してくれるのですが
問題は2車線目、こちらの方が難物です。

 特にバイクや軽4自動車は通れる隙間があれば迷わず行きます
走行車にも2種類あって異変を感じたらすぐに減速、停止するものと
加速して咄嗟に通り抜ける奴があります。

 1車線は前者の車が多いのですが2車線の方、俗に追い越し車線と
呼ばれる方は後者が多く、減速する気配さえなかなか見せません。

 このような輩や車を相手に誘導棒を振って無理やり停止させようと言うのですから
正直「無理」と言いたくなります、いくらお願いしたって止まらないものは止まりません。

 なので減速や停止の気配が無い車はもうやり過ごして減速、停止してくれそうな雰囲気の
車を少々待ったりするのですがこれがどうも先輩からすればNGの対象のようです。

先輩 「相手の目を見て誘導棒を大きく振れば大抵止まってくれるんや」
はい、間違っていないとは思います。

 但しそれを証明するために私は命まで投げ出す気はありませんよ、まじで。

警備員も楽じゃない

先輩「馬鹿がお前は、はよこの車出さんかい!」
私「すみません、ちょっと自転車の方に掛かりきりで」
 
自転車「早くここを通してよ、遅れるやないの!」
私「すみません、もうすこしお待ちください」
 
入庫者「あんなとこまで車突っ込ませたらあかんで」
先輩「いやすみません、あれはどうしようもなかったんです」

 今日も朝早くから今の勤務先の工場の門前での出来事です。

 この施設の搬入通路はそれほど広く幅が無い為、大型車同士でのすれ違いは
不可能なため大型車は出庫の際に入庫の車が来た時の為に
一時その通路の前で待機するのが常なのですが時々無理やり出ようと
突っ込んでくる類の者がある訳です。
 
 なので入庫の車と出庫の車が出入り口の遊歩道でかち合うとどちらも
動くに動けないと言う修羅場状態になる訳です。

 大型車は車道に出る際に2車線必要な為2車線とも車が来ていない
(来ていたら無理言って止まってもらうのですがこの時は都合よく行かない状況でした)
時でないと出庫できません。
 しかも遊歩道を完全に閉鎖している状態なので歩行者や自転車が通せんぼ状態になります。

 自転車は無理やり間を縫って通ろうとするし車は出るに出られないしで
私も先輩の方も朝早くからぐったりでした。

どんなに一生懸命にトラブルの対処に努めても現場の人間の不評を買おうものなら
いつ何時この現場から降ろされるか分かりません、なので先輩はいつも
現場の人間相手には神経を尖らせています。

 現場の人間もそうですが自転車の方から後になって
「貴方らのせいで遅刻した、どうしてくれるの!?」と言う感じのクレームが来たら
どうしようかと今日は心配でした、幸い何事も無かったのですが
清涼飲料水やウーロン茶に牛乳、野菜ジュースなど合わせて2000ml近く
消費するほどの猛暑日だったのに冷や汗が出る日でした。

本気で業種を変えたいと思う時

 「あぁ、もう辞めたいよな、なんで俺がこんな思いを…」
とそう思う時が多かれ少なかれ有る時は有ると思いますが私の場合は昨日でした。

 今の私は早番で朝6時からある施設の門前に立ちますがその施設本来は朝8時から開きます。
2時間程前倒しで大型車の出入りが発生するので自分はその誘導を行っている訳なのですが
もう一人の遅番の先輩の相方が来るのは朝8時でこの間の2時間、手洗いに行けないという
状態なのです。

 現場に最低1人は立たないといけない上に施設が開いていないから手洗いが利用できないので
上番前にコンビニエンスストアで済ませると言う手もありますがもよおしてくるのが大抵上番の後なのです。

 今は猛暑日が相次ぐ季節、体内補給した水分は大抵汗となって流れて行きますが
尿になってしまった場合はちょいと困ったことになります
昨日は先輩の方が来られたタイミングで即座に交代していただき、手洗いに駆け込む
事が出来ましたがこれからこんな事で悩まないといけないのかと思うと情けなくなります。

 施設の門衛もそうですが工事現場の追っかけを行う交通誘導員は
都合良く手洗いに行けない時が発生します
私も何度か立ち小便をやりましたが「必要悪と思いたい、間違っても軽犯罪ではないよな」
と何度も自分を納得させたものです。

 今は亡き元警官のオヤジの過去で有った事ですが警察学校でも休憩中
手洗いは生徒で混雑したそうです、教練や実習の最中に抜け出して手洗いなんて
御法度だったそうですから。

 現場で応急の非常措置と言う意味でこの2時間の間だけポータブルトイレでも
持とうかと検討中です、自分は自慢じゃないけど結構手洗い近い方なので。 

道を訊かれたら幸運?

 今日3回程現場で誘導業務の最中に道を尋ねられました
少々遠方の病院や最寄りの自転車返還所や北の方角にある町など
いろいろ訊かれる時があります。
 
 ちょいと業務で取り込み中の時はお待ち願って頂いたりした上で
地図帳を取り出し、この方角で大体距離は○○Kmという所ですね
と言う感じで答えます。

 先輩は「業務の最中なのに関係無い事に関わるな、知らんふりしろ!」と
言ってきますがそれは薄情者としか言いようが無いです。

 前にも書きましたが現場の警備員を見ている人は現場の人や
他人も含めて大勢居ます。

警備員は常に 本業+α が求められる業務です。
 
 本当に知らない所ならいざしらずそういう時の為に地図帳は携帯しています
地図帳を持っているとそこを開いて現在地と目的地と距離と方角を示します。
こうすることで後々デタラメを教えていないと言う事になります。

 研修の時に少々出て来た事なのですが適当な方角を教えてあしらったりすると
後で「知らないくせに適当な事言いやがって道に迷ったじゃないか!」と面倒な事になります。
自分一人じゃ無く会社のイメージも悪くしかねない為こういう時の対処は
いい加減な事はしないようにしましょう、勿論本業に差支えない範疇で。

 それに余談ですが今の現場、先輩の警備員以外にろくに話し相手も居ない状況なのです
だからこういう事で喋る機会はとても大事にしたいのです。

現場は常に一喜一憂の場所

 
 午前中は個人的に「誘導員泣かせ」と呼んでいる大回りをしないと
入庫できない大型トレーラーを普段と比べて比較的スムーズに
入庫できた事から今日はノッテいけそうだぞと思って居たのです。

 しかし下番前に大型トラックが出庫の際、軽乗用車が追突する感じで
飛び出して来たので止めようとしてもなかなか止まらない
減速はしてくれても仕方なしにしている感じ、警備員に対して
さっさとどけ!と言わんばかりの態度にこっちも少々びびり気味
ついつい立ち退いてしまいました。

 大事にはなりませんでしたがこの軽乗用車、トラックの後ろに
ビタッとくっついた感じで走行、ひっついても追い越せやしないのに
と突っ込みを入れてしまいましたが私のこの行為が今日の気分を台無しに
してしまいました。

 仮に99台の車をうまく誘導出来たとしても1台の車の誘導で粗を起こすと
その日は敗けた気分になります。
 
 警備員は常に相手にお願いをして協力を求める必要がある業務です
が、お願いをしたからと言って都合よく協力をしてくれる人ばかりとは
限りません。

 典型的な一例の1つに減速してはくれるけどなかなか停止してくれない車があります。

 人間にはパーソナルスペースと言うものがあって自分の半径1~2m以内に
得体の知れない他人が来るとストレスや警戒心、危機感を持つ
ある種の範囲のようなものがあるそうです。
 
 都合よく自分の目の前1~2m以内で停車してくれるとこちらとしては有り難いのですが
じわじわ減速しながら1mを切る距離まで迫られるとこちらとしては
居ても立っても居られない事態になる訳です。

 それで身を避けた結果「警備員が逃げてどうする!」と先輩からまたお説教
警備員は人間であってどこかの鉄人じゃないのよ。

 今日はとにかく水分補給が欠かせない1日でした、冷凍カルピス500mlに
普通の牛乳500ml2本、グレープ炭酸水350ml一本に黒烏龍茶350ml一本
家から持って来たお茶1Lが空っぽ寸前になりました。

 追伸:グレープの炭酸水と牛乳の飲み合わせは個人的にいまひとつでした。

飲み合わせあれこれ

 趣味と言う程の事じゃありませんが
夏バテには牛乳が良いと聞いたので
牛乳+○○(ウーロン茶、マテ茶、麦茶)の飲み合わせをよくしてます。

 以前からよくコーヒーと牛乳を混ぜて飲んでいましたが
それに飽きたのと紅茶とウーロン茶は生産過程が似ているためか
ウーロン茶も牛乳とよく合うと思ったのがきっかけ
それ以来グァバ茶や黒烏龍茶などそのまま飲むときつい感じのする
お茶と牛乳をミックスして食後に飲んだりしています。

 濃厚な牛乳と癖の強いお茶は結構合うのですが脂肪があるわ
結構出費が掛かるわですぐにやめました

 今は低脂肪系牛乳と安価であっさり系のお茶のコラボで当分過ごすつもりです。
 

私の現在位置はどこ? その1

 ブログのタイトルに「転んで落ちてよじ登れ」とありますが
よじ登るどころか転げ落ちないようにしがみ付くので精一杯という感じ
改めて今現在の私はどういう立ち位置なのかなと思ったりします。

 時給970円の郵便局の業務から撤退して大体3か月経ちますが
7月から今の警備業務の時給が820円⇒850円になりました
大阪府の最低時給を駆け出しの端役者とするとそこから少しばかり
お情けをもらっているという感じがします。

 無職よりはましとは言え、今の業務で頑張れば独身でなら一生安泰だと言う声と
30代も後半が迫ってきているのに時給800円台で満足していて本当にいいの?
と言う声の両方に迫られています。 

 現実を見ると無理してより上の世界なんてもう見ない方が楽と言われれば楽です。
今は這い上がると言うより今の立ち位置が崩れないように固めると言った具合。
果たしてこれから上へと上れる道はあるのでしょうか?  続く
プロフィール

まながつお

Author:まながつお
ついに30代の後半に突入!
目先の損得に翻弄されながら
つまづいて転んでも
ただでは起きない
生き方を目指す。

大阪府某所の
くだらない記録です。

↓ 参加しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。