スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある団地の配達人(ポストマン)

 タイトルの通り今日から職場に近い団地を舞台にした自転車操業(違った?)となります。
ぶっちゃけこの部署はいい年配のオバサマ方達ばかり
あと一般職員の男性が1人か2人居るだけです。
(あまり言いたくないですが男性は本当、孤立に近い状態という感じです。
ちなみに他の部署は男性8、女性2と言う感じ)

 隠さずに言うとこの部署は集荷車の運転やバイクの配達作業で失敗(事故や違反)を
やらかした人がしばしの間反省代わりに置かれる流刑地のような場所です。
数か月程その部署で期間を置けば元の部署に戻れるらしいです。

 が、いい年をした男性が馴染んだ集まりから外れて急に女性主婦ばかりの
部署に混ざる訳ですから居心地が良いわけがありません
個人差はあれど見方によっては己が異物のような雰囲気ですから。
そんなこんなで退職される方も少なくないと言う話です。

 そこに私が飛び込んだ訳です、最初は完全な場違いだと凹んでいましたが
車両勤務に就いていたと言ってもたったの1か月だけ、なんとかなるさと居直りました。

 今までの車両作業の部署と雰囲気がガラッと違うとは言え
高校時に代に年末年始だけですが自転車での配達作業は少々ながら経験済み、
なので未経験の道順組立(以下道組と言います)や
事故処理(理由有って配達が出来ない物の処理)などを除くと
「あぁこの作業は覚えがある、ここはこんな感じだったな」と思い出してくるわけです。

 それに配達に出たらもう1人作業なので周りの事はそんなに気になりません。
ここで粘ってももう元の部署に戻れる可能性は無いと言っても過言じゃないですからね

 個人的には少々複雑な心境ですが自転車のペースでの配達作業は
業務車両を飛ばしていた時よりも自分に合っている気がします。
なので悪い事ばかりでも無いなと思っています。

 まぁ今日は配達数がそんなに多くなかったとの事、多い時は今日の2倍から3倍の
量が出るそうです、今から覚悟を決めて置かないとな…。

スポンサーサイト

配置転換の予告

 先日部長との相談の末、車両を用いた集配業務から自転車による配達の業務の
乗り換えを打診されました。

 理由は運転があまりにも危なっかしいとの事。
普通に安全運転する分には問題なくこなしているつもりでも時間に追われるとなると
気がつかない内にいろいろと不注意な所が目立っていたようです。

 いくら車の運転が上手でも集配に時間が掛かりすぎると
これからの業務についていけなくなる事は必至です。

今就いているコースは部署内でも一番簡単な所で
次第に新たな集配先が追加されていく予定です

 そんなこんなで上の方々が話し合って自転車の後ろに配達物を入れたデカい箱を乗っけて
来月からチャリを漕ぐ業務に異動するという訳です。
 
 正直言って少々悔しいですけど本来なら解雇される所を再度のチャンスと思って
もう少し気張りますよ。

少しばかりの補足事項

 今日は非番の日、先日先輩の方の都合(前の記事を参照)で休日が前倒しになり
いきなりの休日になりました。

 人の人生何においても1流だの3流だのとランク付けされる事がありますが
休日の過ごし方も上手下手があると思います。

 常に上だの下だのと言われるのは不愉快と言う訳でもないけどやっぱり
上手な人のする事、やり方は何歳になっても見習いたいという気持ちは無いか?
と言われると素直に「見習い」たくなりますね。

 と言う訳で自分の休日の過ごし方を自分で採点してみるのもいいかなと思います。
プロの野球選手も試合中にコーチたちから査定(プレイ内容を採点)されていますが
それと似たようなものです。

 他人の目で自分の業務や行動を常に見張られつつ採点されるのは不快(必要な事だと
分かってはいますが必要以上に見られると集中する所じゃなくなる)です。

 が、自分で今日の行動を反芻して「今日のこの行動は突発的な思い付きとは言え
なかなか思いつかない発想だったな」とか
「今日は滑り出しは良かったのに後々つまづいてだらけてしまい
何かいまひとつだったかな…?」とか
思い返してここはプラス何点、これはマイナス何点と言う風に点数を付けていくのです。

 何かにつけてデジタルな判断をするのは個人的に趣味じゃないですが
数値や数字で示す方が自他共に分かりやすく表現できるのは紛れもない事実です。

……赤点(特に何もせず何も考えずだらだらと1日を終える感じ)だけは取りたくないな…。

 

日々改善あるのみ

 午前はベテランの集配車に追従して集荷作業の補助でした。
午後から1人でいつものルートを集荷巡回、少々ミスもありましたが
なんとか挽回して帰社、土曜日は平日より少しばかり終業が早いです。

 業務用車両の運転やスピーディーな作業を行うにはどこを工夫すればいいか等
考える余地はまだまだありますね。

 運転中は特に何も考えていませんが帰社してしばらくすると
今日もあんな雑な運転だったのに無事に帰って来れたな…と内心冷や汗ものです毎日。

今後の予定について

 世の中どこも就職難(?)なせいでしょうか?
試用期間2、3か月なんて名ばかり、1ヶ月もすればもう
即戦力扱いと言うのが今の職場の常識?のようです。

 私自身少々呑気に構えていたという所もありますが来月の予定を変更して配送コースの
別のルートを見学という事になりました、というのも今の自分の受け持ちのコースは
一番簡単とも言えるコースでここで手間取っているようでは今後お話にならないというのが
先輩の評価だからです。

 今の業務でも確かに手間取っている所は有ります、受け取り印をひとつひとつ押すのも
私はポンポンポンと丁寧(?に押しますが先輩はテレビゲームの高橋名人(古!)の
連打の如くババババッ!とやります。(当人曰く誰が押したのか分かればいいそうです)

 車のバック駐車も最小限の確認作業とハンドル操作だけでスゴイ勢いで
ピタリと所定の位置に入れます(前は或大手運送会社の運転指導も務めていたとか)

 そこまで出来るようになろうとは思いませんが今現在における最小限の業務は
誰にも言われずに出来るようになりたいと思う昨日の1日でした。

 

3歩進んで振り出しに戻る日々

 この業務に就いてもうじき1ヶ月になりますが進歩と呼べる所が見当たらず悩んでいます。
原因の1つが業務用車両の運転技術が極めて下手という事、自分なりに原因を追究していますが
なかなか自分で自分の運転を見るという事は出来ないものです。

 運転関連のサイトをはしごして理解できた事はオートマチック車の特性をうまく把握し、
それを生かしていない事にあるという事です。
 
 運転の上手な人は最小限のハンドル操作と最小限のアクセルとブレーキで車を
動かしているそうです。その対極にいるのが私、つまりいつ事故を起こすか分からない
ある種の人生スレスレ組です。

 ここだから本音を言いますがミッション車からオートマ車に乗り換えて来た者として
あまりオートマ車は好きではないのです。

 もちろんオートマ車にはオートマ車にしか無い魅力もあります(運転席と助手席の間に
おっ立ってる物が無いとか)、しかしDマーク(ドライブ)にレバーを入れると
何もしなくても動き出すあの最大の「特性」こそが個人的にどうしても受け入れられない
部分でもあります。
 あれが嫌で無駄にブレーキを踏んでしまう事こそが自分の運転を下手に追いやる
最大要因だという事はうすうす気づいています。
 
 タイトルではこう書きましたがもしかしたら私は1歩めすらも踏み出せていないのではと
少々不安になりました。

 所変わって今日も先輩に絞られながら金言を頂きました
「接客(人と接する)業務を制する者が社会を制す」と。
ここぞと言う時に人一倍人の為に何が出来るか理解し、動ける奴が生き残れると。
はい、インドアマン(ひきこもりまがい)の私にとっては見事に「無理です!」と
大声で否定したくなるような有り難いお言葉でした。

接客を含め他人をあしらうのが上手な人は「実は多面で裏表や白黒のある人間」じゃないの?
と感じたのは個人的な事です、あながち嘘ではないかも知れませんが
下種の勘繰りと言われちゃそこまでですがね。

 物を製造したり分析や加工したりなら物は文句を言いません。
しかし人は常に上下関係や駆け引きがあります.

物の扱いについては幾らでも「慣れ」がありますが
対人関係だけは「慣れたら終い」だと個人的には思っています。

 なぜなら「コイツには心臓を預けられる」とか「こいつは案外チョロイ」と言う
気持ちはいつの間にか思い上がりに繋がるからです。
それはそのまま自分の足元を掬う要因になりかねません。

 3下のチンピラでも刃物1つ持てばイッパシに他人の人生を終わらせる事が出来ますからね。
あくまで極端な例ですけど。

楽しい事も嫌な事も背負って抱えて

 私よりも一か月程早く入社した人は2週間程度でもう一丁前に1人乗り(1人で
業務用の車に乗って業務全般をこなす事)をしています。

 先日新しく入った人は入社当日からまだ軽度の補助作業だけとは言え課長からお墨付きで
1人乗りが出来るほどの運転技術の持ち主でした。



……それに対して私は入社から3週間経った今でも
横乗り(先輩が横に付いて指導する)状態です。
先輩達からそこに居る事を意識するなと言われちゃそれまでなのですが

 常にストップウォッチを片手に減点法(満点の状態から失敗や遅延行為などから
マイナスを付加していく採点方式)形式で採点されているような
一種の圧力を感じる訳です、決して悪気がある訳では無い事は分かっていますが
やっぱり先輩がいらち(せっかち)な性分の人だと焦りを隠せなくなります。

 普通に安全運転するだけならいざ知らず、常に時間に追われた状態で同じ事をやれと言われると
難易度が格段に上昇します、それをこなせる事が銭の取れる運転と言えるんだと思います。
自分の未熟さが大元の原因とは言え少々やりきれない気持ちも有ったり無かったり。
改めてまだ私は見習いなんだなと思い知らされます、が

 耳にタコが出来るくらい口を酸っぱくして言われる事はそれだけ大事な事なのです。
加えて私は車を「走らせる」事はよくしましたが「運転する」事はしていなかったのでは?
と今更ながら疑問に思います。
ここはしっかりと反芻しておきましょう。

 凹んだ状態で気持ちが後ろを向いていると見える物が全て敵及び障害物に見えると言うのは
あながち間違いではないようですね、でも自分のこういう短絡的な捉え方は反省点としておきます。

 最後の集荷業務で先方から紙パックの野菜ジュースを頂きました。
その辺ののコンビニやスーパーで購入する物とは一味違う味がするでしょう、多分…。

身辺整理あれこれ

 今日は週休、午前中はだらだらとしていましたが
午後からは洗濯済みの前職場で着用していた衣服を返還して来ました。
行き辛かった?と訊かれたらまあそこそこはという所ですね。
業務の途中にお邪魔したとは言え採用担当者からは「今頃来るなんて全く…」という
感じの目線でしたから。

 とにもかくにも2か月間と言う短い間でしたがお世話になりました。
ここを出る時、もうここには多分来る事はないだろうなと感じました
少し寂しい気にもなりましたが。

 次は今の業務で必要な道具の買い出しで100円ショップを物色、これが多分
最後の買い込みです。
印鑑ショップで個人的に入用になる業務用のスタンプの制作を依頼しました。
これで私の日常業務が少しは楽になる事を切に願うばかりです。

 夜は久しぶりに銭湯に行きました、家からそれほど遠くない場所にあるのですが
大方2年振りの出向ですね、職業訓練中は失業保険やら節約生活で娯楽やレジャーに
捻出する費用などございませんでしたので。

 サウナに入って汗を出したら外に出て水風呂でクールダウン、これを3,4回繰り返すと
なんとなくスッキリしますよ、他にも露天風呂や泡風呂などに
浸かる事で小1時間程過ごしました。

 心身共に嫌な事や疲れる事が有ればひとつ銭湯でリラックスする事をおすすめしますよ。

死亡レベルの事故

 いきなり物騒なタイトルですみませんが交通事故ではありません。
今日も今日でいろいろと失態を演じてしまったという事です。

 まず午前中に回収するはずの荷物を見事にスルーした事、午前中ならともかく
午後の荷物だったら明日に持ち越しになってしまい配送日が1日遅れることになります
その後の事は想像もしたくありません、はい次。

 先輩の方から念押しされていたはずの訪問先も見事にスルーしました、
一度時間に余裕がなくなると焦りが失敗を呼びこれがまたテトリスの連鎖のように
高得点につながっていくわけです、ただし頭にマイナスがついた状態で。

 あとは午前中に回収する荷物を回収して端末処理の際に計算間違いをやらかしたりと
今日も失敗のトリプルプレーでした。

 この業務、普通に動くだけでその辺でよく耳にする効果のよく分からない
インチキまがいのダイエットよりずっと効果的に痩せる事出来ますよ。
いろんな意味で心身毎日こってりと絞られてますから私は。

 体に限らず精神や神経もガリガリと磨り減るような感覚も体感できます。

 と言うオフザケなノリはここまでにしますが正直溜息が止まりません、巻き返しの時は
来るのでしょうか…。

どうでもいい余談とまとめと

 今日は非番の日、今までの事を少々まとめていきたいと思います。

 職業訓練を終えて一か月ほどかけて20社程求職活動をしましたが見事に全滅。
5月から7月までの2か月間ある食品会社の倉庫で夜明け前から昼前まで食材の品出し業務。
朝早い勤務に体内時計が狂い始めた事と新店舗追加により一段と時間に追われる業務に
付いていけなくなったのが主な退職理由です。
7月からある運送業に従事中、今はお中元の時期で多忙ですがしばらくすると
少しはましになる模様。

 後は年末年始をどう乗り越えるかですが
個人的にはフォークリフトか電気工事士の資格を取得して物流倉庫かビル管理業務を
打診してみようというのが来年の目標です、只フォークリフトは運転出来ても
業務はこれまた時間との戦い、企業戦力として身を置くには
相当熟練する必要があるとの先輩談です。

 少し話は変わって先日になりますが得意先の現場である住宅展示場に行きました。
と言ってももちろん見学などではなく住宅販売事務所での搬送物の受け取りです。

 今の一戸建て住宅は昔と違って瓦が無いですね、外見もモダンで建築素材も軽量で丈夫な
新手の物が多々使用されているのか昔のように重厚感は無いけど災害が起きても
早々に倒壊しない物だと思いました。
こういう所に住んでみたいと感じたのはご愛嬌と思ってください。
 
 誰だって一度は住んでみたくなるような家でないとまず売れないし、少々昔の話になりますが
リーマンショックの住宅ローン問題で高いリスクは覚悟の上で後先考えずローンを組む辺り、
庭付きの一戸建てに住みたいと思う人の気持ちが何となく分かります。

 生意気を言ってなんですが私からすればあばら家でも庭がしっかりしていれば「家」ですし、
庭無しで敷地いっぱいに建てられた物なら例え豪邸でもそれは「塒(ねぐら)」です。
こんな事はどうでもいいか、個人的な印象ですからね。

 正直実家はもう築50年以上、今住んでる所は南海地震が来ると
間違いなく倒壊する場所です。
倒壊したら立て直しの資金は残念ながらあまりありません、今の内に当面の生活費でも
貯蓄しておかないとな…。

 最後に今日も業務上必要と思われる物の探索、少々遠方のホームセンターに赴いて
今日こそは「君に決めた!」と言える物を探します。

 しかし戦果は赤のノック式太字マーカー1本でした。
早い話が片手でマーカー部分の出し入れが可能と言う奴です。
時間に追われる業務では単純な作業でも片手で出来るか両手で行うかでは
地味ですが大きく手間が違います。

 休息と充電の為の非番日だったのに無駄に放電して疲れてしまったな…。

長か短か2者択一

 パートやアルバイトなど期間勤務などに就くとしばらくして私はこの選択に迫られます。

 言うなれば天使と悪魔なんて表現はちとオーバーですが似たようなものですね
例えるなら
天使(ここで頑張れば一生安泰です、期間雇用とは言え長期で頑張るべきです) 
悪魔(お前が本当にやりたい事はこれだったのか?
違うだろ!頃合いを見てさっさと身を引け!)
と言う感じです。

 理想と現実の違いが分からない歳でも無いのでどこかで妥協するべきだとは思っています。
しかしある縁有ってここに居る訳ですから蔑ろな行いを起こしたが最後2度と取り返せない
過ちになる事は想像に難くありません。
自分としては何事においても引き際と言う物は常に永遠の課題として胸に留め置いて居ますね。

正直凹みました

 あまりここには書きたくないけど自分に都合のいい事ばかり書いていると
ブログは急速に質が悪化するので簡単に書きます。

 始まりは自分が運転するべき時に先輩の方が車の運転をしてくれた事です。
ケチの付き始めと言えば失礼極まり無いのですがすべてが狂い始めたのは
何となくそこからだと思いました。

 まだ見習いなので先輩の横について色々と業務を覚えつつ自分で出来る事は
自分でしなくてはいけないのです、しかし自分に何かやらせると時間の無駄と
踏んだのかどうかは分かりませんが何となくそういう感じがしました。

ここに来たばかりの時にまだ何もわからない状況だったとは言え、この先輩に
付いている時に2回程ばかでかいタイムロス的な失敗をやらかしましたからね。

先輩は先輩で業務があります、新人の指導なんて嫌かと問われると
喜んでやりたいという人は正直居ないでしょう、増してや毎日が
タイムアタック(時間との競争)の業務の中では…。

 その日取り扱った品物の精算は午前と午後合わせてその日の業務の最後に
行うのが普通なのですが今日は午前と午後で付いて行く先輩が違ったせいか
午前の内に先駆け的な感じで精算をしてしまったのです
それ自体は悪くないのですがそれを行うと今まで記録されている品物の内容数などが
全部ゼロクリア(初期状態)になります。

 それを知らなかった為か午後に付いた先輩の方が端末内の記録数を見て
扱った品物の数がおかしいと言い出し慌てて午前に処理登録済みの品番を
端末に打ち直すと言う必要のない行為に追われ必要の無い事故処理をする羽目になりました。
悪い予感がしたと言えば言い過ぎですがある種のずれた行いや本来なら無いはずの行動から
問題は連鎖する物だなと改めて感じました。
単なる空回りで終わったとは言え私は針のムシロ状態でした.
2人の先輩の方は口には出しませんでしたが
「下らない事で時間を食わせやがってコイツは…。」的な雰囲気でしたから。
出来ればすぐにでも辞めて逃げ出したいですよ本当。

この2人は自分の担当区域の先輩である為、怒らせるとこの先やっていけなくなります。

 あのときどうして「午前中に清算済んでますよ」と一言言えなかったのかが悔やまれますね。
精算が午前中に一度済んでる事自体よく知らなかったと言うのもありますが。

 よく分からない事なのに滅多な事を言うのは災いの元ですがここで言うべき時に
しっかりと物を言わないのも災いの元です、つまらない事で先輩の心証を悪くしたばかりに
結局自分の居心地を悪くしてしまいました。

訂正印だらけの日々

 業務上、仕分け帳票や記録簿、書類に自分名のサインや3文判を押すのはこの業界では
普通にある事です。
しかし私は間違いだらけ、と言うか間違った際の処理なども
あれこれとしないといけないのでひと手間どころじゃないです。

 今日も時間に追われた際に複数ある処理件数の中で一件だけ処理し忘れてしまい
後で事故処理という事になりました。(場合によっては一括処理しなければいけないというのが
あります、言うなればテレビゲームなどでセーブなど一旦切のいい所で記録して
途中から始めると言う行為無しでクリアまでプレイさせられるようなものです。)

 犯罪を犯した時に書かされる調書と言うと大げさですが始末書みたいなものを
出す羽目になりました、あぁ気が重い。

 まぁ祝日は手当がいいので悪い事ばかりでもないのですが。
祝日手当は時給の1,35倍それに残業手当1,25倍の重複手当が
一時間もあると時給の1,6倍になります)

 明日は週休、また100円ショップに赴いて業務上において役に立ちそうなものを見てきます。

ベテランの日

 今日はベテランの方と同乗しました。
早速と言うかやっぱりと言うか今まで同乗した先輩の方とは違いますね。
複数ある現場の営業時間や配送物の出る時間、あと特有の癖と言うか事情を
考慮して早急にプランを組み立てて動いていきます。

 どれだけ作業をスムーズに出来るか?いろいろな工夫や方法をよく識っていらっしゃいます。
いきなりこういう風にはなれませんがいい所や改善の余地はしっかりと取り入れて
行きたいですね。

 配送業や運送業は類に漏れず厳しい時間との戦いだという事や予想以上に肉体的にもハード
な物だという事に加え、好奇心で首を入れられる業界じゃ無いと言う感じの事も言われました。

 生意気を言うようですが悪くても死にやしないのでもう少し粘るつもりです。
ベストを尽くしてどうにもならないなら進退の際はまた改めて考える所存です。

 

今日は惨敗の日

 先輩の方に予定外の急務が入ってしまい急遽私一人で
今まで覚えたコースを回る事になりました。

 何かあったら業務用の携帯電話で連絡を入れてほしいとは言われましたが
出来るだけ頼りたくないなと思いながらもいざ出発・・・・できません。
 車両の帰社の際の走行距離を端末で記録し忘れてました、このままだと新しく
手配された車両で出発できません。
早速つまづきました、先が思いやられます…。

 気を取り直して何とか出発、第一の現場で預かった品物を端末登録していきます。
………登録できませんと表示、どうしたの?
送り主が送り先の番地か郵便番号を間違えて記入している可能性があります。
1人ではどうしようもないので送り主と先輩と交互に連絡します。
結果はやはり郵便番号が誤りだったようです。

この業務をこなしていると読み間違えるような地名にいくらでも出くわしますよ。
(福谷…ウキガイと読むそうです)

 こういう時に限って予想外の事態になるのはお約束……と言っちゃあそこまでですがね。
先輩たちの後について覚えたつもりでもいざひとりでやるとミスりながらも
何とかうまくはいくのですが倍以上の時間が掛かります、結局予定の3分の2くらいで
時間的な都合でヘルパーが入った為私の一人旅は途中終了になりました。

 致命的な失敗が無かったという安堵感もありましたが
あぁまだ自分一人ではここまでかという悔しさもありましたね。
まだまだつまづいても一人では立てない状態です。

つまづいてるけどそれでも前へ

 今日も今日で失敗のオンパレードですよ。
出発前の端末処理を忘れて午前は約1時間程作業が遅れてしまいました。

 午後からはリーダーの指導で一通りの作業の確認業務です、車の運転から
時間に追われた際の対処方法、基本的な端末の使用方法や事後処理など
あれこれとおさらいを受けました。

 見知らぬ女性から「がんばれ~!」なんて言われたの生まれて初めてかも知れません。
今日はこの一言でなんだか救われたような気がします。

つまづきっぱなしの日々

 午前の作業で2回ほど現場の端末記録取り忘れて引き返す羽目になりました。
先輩の方すみませんでした。(現場での荷物の引き取りを集荷、届けるのを配達と言います。
その際に現場の時刻や預かり物の扱い方などを専用端末を用いてデータ処理を行うのが
今の運送業の主流です)

 午後から端末の記録作業の方法をなぜかど忘れしてしまいました。
あれ、おかしいなと思ったのもつかの間、先輩の頭に雷雲が見えましたよ。

 とまあこんな感じで研修明けの先輩の同行及び付随業務はこんな感じです。
定時から2~3時間の残業は普通だそうですよここは。

 28日からは土日祝日関係なくローテーションに私も組み入れられます。
もう2、3日もすれば1人で現場を回らなくてはなりません、1人でキョドって
テンパらないと覚える物も覚えられないというのは今の私の入っている班長の口癖…だったかな?

大阪は亜熱帯

 今日業務に必要な物をホームセンターなどで購入、会社の備品では
間に合わないので各自調達せよとの事、自腹は痛いが一日の日給で
なんとか元は取れるのでケチな真似はせずに良質の物を揃えるとしましょう。

 100円均一店ならどこにでもあるような日用品から
業務用品の専門店をはしごしてようやく見つけたものなど様々です。

 大まかに言えば業務用のスタンプ台や筆記用具など事務関連の物ばかりですね。
現場で使用する事になるので物によっては携帯用の特殊な分類の物も必要になる訳です。

 夏場はメタボだ何だと言って食事の摂取量を削るとたちまちガス欠になります。
暑い中晒されるだけでもいつもの1,5倍くらい体に負担が掛かるんですね。



つまづく一歩手前かも

 やる気があるのか無いのか分からないと今日終業の際に上の人に言われました。
まぁ現場回りをしている最中にちょいと個人的なトラブルもあって
こんなドジやらかすのは私くらいだろうなとモチベーションが沈んだ
状態だったと言うのもあるのですがこの職場に来て一週間、早くも頓挫の危機です。

 私の目算では概ね一か月を目安にいろいろと複数ある業務内容を覚えて行こうと
思っていましたがここは予想以上に早く即戦力が欲しいようです。

 パートやアルバイトと聞いて大体は主な業務の補助的な事をするのだろうなと
思っていたのですが自己責任の重い作業に従事する事になってしまい、想定外な事態だと
受け止めるのに少々時間が掛かってしまったのもありますけど
10日で1人立ちしろと言われてさすがにズンと来ました。

 どこの職場でも言えると思いますが人員を1人増やすという事は
予想以上に困難な事のようです。

 最繁期の人手不足の際に人員を増やしてそのまま経験者として
長期勤務に従事してもらうという流れはどこにでもありがちな事です。
やっと人並みに業務内容を理解した矢先にその場を出て行かれて
次来た人が本当に何も知らない状態では何度でも業務時間を削って
指導する必要になるからです。

 折角掴んだ蜘蛛の糸、上らずは一生の悔いとなりそうです
しかし万が一取り返しのつかないトラブルになったらどうしようという
不安がいつになく付いて回ります、一人での現場回りはそういうものなのでしょうか?
 この土日は長くて短い連休になりそうです。

 

そして新たな戦いへ

 今日からある配送業に転身、最初は研修があるためすぐに乗車勤務はできませんでした。
今日は宣誓書や就業規則、同意書などにサインをした後、業務内容の座学を少々行いました。

 本格的な実務研修は明日になりそうです。
プロフィール

まながつお

Author:まながつお
ついに30代の後半に突入!
目先の損得に翻弄されながら
つまづいて転んでも
ただでは起きない
生き方を目指す。

大阪府某所の
くだらない記録です。

↓ 参加しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。